・各レシピ一覧に移動する

はいはいの時期・練習

 赤ちゃんがはいはいをする時期や、はいはいの仕方・スタイルには、赤ちゃんそれぞれの個人差があります。 例えば、はいはいをせずにあんよまでずりばいをする子もいたり、座ったままずって前に進み、そいままあんよを覚える子だっています。 あせらずにゆっくり赤ちゃんを見守っていく事が大切です。

はいはいの時期・いつから?

はいはいの前のずりばい

 最初はおなかを支点にぐるぐる回ったり、おなかをつけて、どちらかの手を前に出し体をずるずる引きずって進んだりするずりばいをする事もあります。 またはいはいをせずにそのままずりばいだけであんよまで過ごす赤ちゃんもいます。

8ヶ月頃の赤ちゃんのはいはい

 一般的に8ヶ月頃から赤ちゃんは「はいはい」が始まり、行動範囲が広がります。 はいはいのスタイルは赤ちゃんにとって色々な形があるものです。 両手とひざを使うスタイルではないからといって腰や足に問題があるわけではありません。

 両ひじをついて、おなかをずりながら前に進む「ずりばい」、両ひじをついて交互に動かしながら進んでいく「ひじばい」、 両手と両足を伸ばして腰を高く持ち上げて進む「熊歩き」、また片足をつけなかったり、バタフライのようにはいはいしたりという赤ちゃんもいますが、 どんな形でも心配いりません。 赤ちゃんにとっては、自由に移動出来るようになることが、最も重要なのです。

はいはいをしない・できない赤ちゃん

 寝返り・おすわり・はいはいは、赤ちゃんの発達の手がかりになる大きな運動です。 ただし、これらは必ずしも育児書に書いてある時期に出来るようになるとは限りません。 おすわりは出来るのにはいはいしない子もいれば、おすわりからいきなりつかまり立ちを始めるという子もいます。 発達の大きな道筋は「首すわり→おすわり→立って歩く」なのです。 はいはいはその枝道なので、省略したとしても心配いりません。 とはいえ、はいはいが出来るようになると、赤ちゃんの行動範囲は一挙に広がりますから、出来れば経験させてあげたいものですよね。 なかなかはいはいしないようなら、毎日のスキンシップの中ではいはいんも練習を取り入れてあげるのも良いと思います。

はいはいの練習

 この時期の赤ちゃんは思い通りに動けないことにイライラしていることが多いものです。 はいはいの練習をするぞ!なんて力まず、はいはいの練習をするというよりスキンシップなんだと思う事も大切です。 はいはいの練習をはじめる前に赤ちゃんにとって危険な物は落ちてないか、ケガをしそうな角や溝などの位置もチェックしておきましょう。

 まずは赤ちゃんを腹ばいにさせ、赤ちゃんの目の前に興味を抱く物、お気に入りのおもちゃやおくるみなどを置いて興味を引いてみましょう。 最初は手を伸ばして届く距離に置いて、赤ちゃんがおもちゃに触れることができるようにしてあげましょう。 うまく前に出られないようなら、足の裏をちょっと押してあげたり、こちょこちょしたりすると、コツがのみ込めることもありますので、 無理をさせない程度に手伝ってあげてみて下さい。 この時に右手でおもちゃに触れたり、左手でおもちゃに触れたりすることによって、 赤ちゃんは片手で自分の体を支えることを覚えます。 片手で自分の体を支えるという動作が、次には自分の体を動かして進むということに、つながるのです。 そこで目標となるおもちゃと赤ちゃんの距離を少しずつ広げていきます。

 また、四つん這いの姿勢を記憶させることも、はいはいにつながります。 うつぶせの状態で赤ちゃんを上に持ち上げて、四つん這いの姿勢にします。 この時に両手で手をつっぱった四つん這いの姿勢を作り、赤ちゃんに記憶させます。 赤ちゃんが嫌がる場合には嫌な記憶として残るので、無理強いは絶対にしてはいけません。

 最初は思うようにおもちゃに触れることができずにイライラして大泣きしてしまうことが、多いものです。 しかしそのうちに赤ちゃんがコツをつかみながら、 体に筋肉をつけることでおもちゃを追って「はいはい」ができるようになります。 子供の成長は早いものなので、「この練習方法ではダメかな」と思っても諦めずに、根気よく続けることが大切です。

 またはいはいができるスペースがない為に、はいはいをする機械がなくなってしまいはいはいをしない赤ちゃんもいます。 はいはいができる十分なスペースがあるかも確認してみて下さい。

はいはいやずりばいができてくると次はつかまり立ちができてきます。
つかまり立ちの時期・練習を見てみる