・各レシピ一覧に移動する

赤ちゃんの熱

 赤ちゃんは6ヶ月頃からお母さんからもらった免疫が徐々になくなり熱などを出しやすくなります。それまではお母さんの免疫もあり熱を出す事はほとんどないのですが、 全くないわけではありません。その場合は中耳炎・扁桃・咽頭の炎症・肺炎・尿路感染症の疑いもあります。念のため受診したほうがいいでしょう。

赤ちゃんに熱がある時の家でできるケア

熱がある時は水分補給を

 汗をかくと体の水分がなくなります。 脱水症状をおこしては大変なので、赤ちゃん(幼児・子ども)にほしがるだけ水分補給してあげましょう。乳児用のイオン飲料なども吸収率が高いのでおすすめです。

微熱なら様子をみて

 赤ちゃん(幼児・子ども)は水分不足や 疲れなどでも熱をだします。 37.5度くらいまでは水分を 十分与えて様子を見てもいいでしょう。ぐったりしていたりあきらかに普段と違う場合はなるべく早く医師に診てもらいましょう。

体力を消耗しない温度

 赤ちゃんも病気のときは体力を 消耗しやすくなっています。 発熱は細菌やウイルスと闘っている証なので、むやみに熱を下げるのはよくないという意見もありますが汗をかくと余計に体力を消耗します、 汗をかかせない程度の 温度に設定する事が大切です。 (18〜20度くらい、 大人が涼しいと感じる温度が良いでしょう。) 間違っても大人と同じように「汗をかかせて熱を下げよう」 などとは思わないで下さい。

病院へ行く体温の目安

 赤ちゃんの体温は大人より高いのが普通なのですが、38度以上の熱がある場合は心配です。熱が38度以上あり、機嫌が悪くて食欲がない、下痢や嘔吐がある、せきや鼻水が出ていて苦しそうな場合は、なるべく早く受診しましょう。下痢、嘔吐があり、ぐったりして元気がない場合には、熱がなくても急いで受診しましょう。夜、急に熱が出たときには、熱が38度以上あっても顔色がよく、よく眠っているようなら、翌朝まで様子を見てもよいでしょう。

汗をかいたら着替えはこまめに

 赤ちゃんが(幼児・子ども)汗をかいて衣服が湿っていては 赤ちゃん(幼児・子ども)も不快になり 体も冷えてしまいます。 こまめに着替えさせてあげましょう。

気持ちよさそうなら冷やしてあげよう

 気持ちいいようなら 頭や熱い所を冷やして あげてもいいでしょう。

高熱のときはお風呂は控えて

 お風呂は赤ちゃんにとっては結構大変、けっこう体力を消耗するものです。熱がある時は蒸しタオルなどで身体を拭いてあげるといいでしょう。高熱のときは お風呂は控えるようにします。 微熱程度ならならシャワー 程度にしましょう。

外出は控えましょう

 抵抗力が下がっているので なるべく人が集まる所への 外出は避けましょう。

熱が続く場合は

 一般的に赤ちゃんの熱は3日以内に下がります。3日たっても熱が続くようであれば、扁桃腺炎や膀胱炎など細菌感染による病気の可能性もあります。早めに小児科などを受診しましょう。