・各レシピ一覧に移動する

赤ちゃんの便秘

便秘のとき

 毎日出ていたうんちが一日出なくなっただけで、お母さんは心配になるかもしれません。 赤ちゃんによって異なるので、うんちの回数では判断ができませんが、うんちが固くなってきたのであれば、便秘かなと疑ってみて下さい。

まずは水分補給を

 水分不足による便秘もあるので水分を多めに飲ませましょう。薬局で売ってるマルツエキスなどを使ってもいいでしょう。

「の」の字マッサージ

 便秘の予防やお母さんとのスキンシップをかねて、毎日の生活の中でマッサージを取り入れてみましょう。 お腹の上を「の」の字に手のひらでさすってあげるマッサージは、腸の働きを活発にします。

適度な運動

 気分転換をかねて外出したり、はいはいやあんよが出来るようになった赤ちゃんは適度な運動をすることで、腸の動きが活発になります。 まだ自分で動くことが出来ない赤ちゃんは、足をもって左へ右へをゆっくり繰り返し屈伸運動をさせてみましょう。

綿棒浣腸

 綿棒の先にベビーオイルなどをつけて肛門にすっぽり隠れるぐらいまで入れて出し入れしましょう。 (注)いきなりドッと出てくる時があります。

食事で便秘解消

 うんちを柔らかくして腸の中を流れやすくするにはオレンジ、プルーン、トマト、にんじんなど。 腸の働きを活発にする整腸作用のある食べ物では、ヨーグルトやりんご、納豆、オリゴ糖など。 便の量が少ないと出てきにくいので量を増やしたいときには、イモ類、コーンフレーク、豆、海苔、きのこなどが良いでしょう。