・各レシピ一覧に移動する

寒い時の育児ポイント(冬)

暖房

赤ちゃんが暖房機器に触ってやけどしないよう、安全対策はしっかりとしましょう。 部屋を閉め切っていると空気が汚れるので、ときどき窓を開けるなどして換気を心がけましょう。

乾燥に気をつけて

部屋が乾燥すると大人も子どもも風邪をひきたすくなります。 湿度60%を目安に加湿を心がけましょう。 乾燥を防ぐ為に最もオーソドックスなのは、加湿器を使う方法ですが、その他にも簡単に乾燥は防げます。 エアコンのそばに洗濯物を干したり、電気沸騰ポットや水を張った洗面器を置いたり、煮込み料理をしたりしても加湿効果があるので試してみてください。

ねんね

寝ている時も元気いっぱい動き回る赤ちゃん。 寝冷えをせずに暖かく寝られるよう、着るもので冷えを予防したり、布団を暖めておくなど工夫をしましょう。

お風呂

体を温めるはずのお風呂で、湯冷めをして体が冷えてしまっては大変です。 上がったあと手早く服を着せられるよう、入浴前にしっかり準備をしておきましょう。 冬は赤ちゃんの肌も乾燥しがちなので、お風呂あがりのしっとりした肌に、赤ちゃんに合ったクリームや乳液をつけてあげましょう。

体力作り

薄着で外の空気に触れていると自律神経が鍛えられて、風邪に負けない体になります。 冬になっていきなり始めるのではなく、秋から少しずつ慣らしていきましょう。 赤ちゃんの服は「大人より1枚少なく」が目安ですが、遊んで汗をかいたら、 1枚脱がせたり下着を着替えさせたり、赤ちゃんの様子に合わせてこまめに調節してあげましょう。

夜中の授乳

寒い夜の授乳は赤ちゃんにとってもママにとっても辛いものです。 手早く暖かくすませる為に寝る前に準備をしておきましょう。 添い寝をしたままおっぱいをあげるのも良いと思います。