・各レシピ一覧に移動する

離乳食初期 ゴックン期 5〜6ヵ月頃

 母乳やミルク以外の食べ物に慣れ、ゴックンと食べ物を飲み込めるようになるのが目標です。
離乳食開始の目安は首のすわりがしっかりしていて、支えてあげるとおすわりができ、食べ物に興味をしめしてきたら開始した方がよいでしょう。またスプーンなどを口に入れても下で押し出す事が少なくなる(哺乳反射の減弱)も目安です。
この時期の栄養源は離乳食ではまだ摂取できません、栄養を摂取するメインは母乳やミルクだという事を覚えておきましょう。

離乳食開始時期の統計

時期 昭和60年 平成7年 平成17年
3ヵ月未満 1.3% 0.6% 0.4%
3ヵ月 10.8% 7.0% 4.2%
4ヵ月 34.9% 25.0% 10.9%
5ヵ月 32.3% 43.5% 47.6%
6ヵ月 15.5% 18.4% 28.6%
7ヵ月以降 5.2% 5.4% 8.3%



厚生労働省調べ平成17年度

離乳食はじめは

 離乳食を開始して約1ヶ月間は1日1回、小さじ1から始めます。はじめの離乳食の目的は食べ物の舌触りや、味に慣れる事が目的です。徐々に量を増やしていき、スタートから1ヶ月ほど経って離乳食に慣れてきたら1日2回に増やします。

ゴックン期の母乳やミルク

 まだ離乳食が食事のメインではありません。この時期の母乳やミルクは欲しがるだけ与えましょう。

はじめは何をあげればいいの?

 つぶし粥からはじめましょう。食べにくそうな場合は裏ごししてあげたりお湯でのばしてあげます。 慣れてきたら次はすりつぶした野菜を食べさせてみましょう。野菜に慣れてきたら豆腐や白身魚などを試します。

ゴックン期の離乳食のポイント

@親もリラックスしましょう 
A赤ちゃんを膝などに抱いてあげて安心させましょう 
Bスプーンは水平・下の奥にスルリと
C出してしまっても再チャレンジ 
Dママも一緒にゴックン 
E嫌がったら無理せずやめましょう

 赤ちゃんの姿勢を少し後ろに傾けるようにする事でゴックンしやすくなります

ゴックン期の離乳食の量

 食べる量は個人差が大きいので、食べる量が少なくても体重が順調に増えていて赤ちゃんが元気なら問題ありません。作るときの目安程度として基本の量を覚えておきましょう。

 >>ゴックン期の離乳食初期レシピを見る

一回あたりの離乳食の目安
*T・U・Vを
それぞれ選び
Vはいずれか一つを選ぶ
ゴックン期
5〜6ヵ月頃
モグモグ期
7〜8ヶ月頃
カミカミ期
9〜11ヵ月頃
パクパク期
12ヵ月〜18ヶ月頃
なめらかにすり潰した状態 舌で潰せる固さ 歯ぐきで潰せる固さ 歯ぐきで噛める固さ
T 穀類 すりつぶすたり裏ごしした、
お粥・野菜・豆腐・白身魚を
1日スプーン一回からはじめ、
量を増やしていく。
食べるよりは
慣れることが目的。
栄養の摂取のメインは
母乳やミルク。
全かゆ
50〜80g
全かゆ
90g〜
軟飯80g
軟飯90g〜
普通のご飯(やわめ)
エネルギー源
U 野菜・果物 20〜30g 30〜40g 40〜50g
ビタミン・ミネラル
V 魚類(g) 10〜15g 15g 15〜20g
肉類(g) 10〜15g 15g 15〜20g
豆腐(g) 30〜40 45 50〜55
卵(個) 卵黄1個
全卵3/1個
全卵2/1個 全卵2/1〜
3/2個
乳製品(g) 50〜70g 80g 100g
タンパク質源

調理のポイント

味付けの目安・ゴックン期・初期に食べられる物
ゴックン期・初期の味付け(一食)
砂糖 1gまで
モグモグ期から
醤油 モグモグ期から
植物油 小さじ4/1
マーガリン 小さじ4/1

 濃い味付けは肝臓に負担がかかるため味付けはごくうす味が大切です。メニューの内の一品を薄味にするとメリハリがつき赤ちゃんの食欲が増します。一度試してみましょう。

ゴックン期・初期に食べられる物
エネルギー源 米、パン、そうめん、うどん、じゃがいも、さつまいも、バナナ
タンパク源 豆腐、白身魚、固ゆで卵の黄身、プレーンヨーグルト、カッテージチーズ、きな粉
野菜・ビタミン、ミネラル源 ほうれん草、小松菜、キャベツ、白菜、レタス、ブロッコリー、カリフラワー、にんじん、大根、かぶ、かぼちゃ、トマト、りんご、いちご、みかん、桃

 >>ゴックン期の離乳食初期レシピを見る

離乳食・ゴックン期・初期の調理のコツ

 離乳食の固さは、ドロドロ状のヨーグルトやポタージュくらいに調理します。茹でたり蒸したりした物をすりつぶして、裏ごししたりして食べやすい様に水分を調節してあげるのが基本です。離乳食開始から、少しづつ水分をへらしていき1ヶ月経過した頃には少し粒が残っていてもゴックンできるようになると理想的です。 慣れてきたらポテッとしたマヨネーズ状にします。

ごはん

ゴックン期のごはんは全粥にお湯を足しながら、つぶして裏ごししましょう。スプーンですくって傾けると、トロリとおちてしまうくらいがいいでしょう。

■全粥のレシピ
・白米1合
・水1000cc
(この分量で大人4人分になります。冷凍したり、分量を調節して作って下さい。)
@フタ付きの鍋に白米とそれぞれの分量の水を入れ、20〜30分ほどつけておく。
A1をそのまま火にかける。初めは鍋にフタをして強火で炊き、沸騰したらとろ火にしてくつくつと炊く。
B吹きこぼれてきたら火を止め、そのまま20分ほど蒸らしたらできあがり。

大人の2倍以上の時間で茹でて、細かくして裏ごししたものを与えましょう。

 >>ゴックン期の離乳食初期レシピを見る