・各レシピ一覧に移動する

離乳食後期 カミカミ期 9〜11ヶ月頃

カミカミ期から栄養の主体は離乳食へうつります。左右のはぐきでカミカミできるようにしましょう。食べる意欲も出てくる事が理想です。1日3回食のリズムを作っていき、家族一緒に食事をする体験をさせてあげてもいいでしょう。

カミカミ期の母乳やミルク

母乳は飲みたいだけ与えましょう 。ミルクは1日2回程度を目安に食後にも与えて下さい。

離乳食後期 カミカミ期の離乳食のポイント

丸みのあるスプーンを使い、下唇にのせて赤ちゃんが上唇を閉じるのを待ちましょう。やわらかい食べ物を前歯でかじりとらせたりして赤ちゃんに動作を覚えさせましょう。

これだけできたら3回食へ

@一回に主食とおかずを合わせてお茶碗一杯以上食べる事ができる。 Aやわらかく形のある物をリズミカルにかんで食べる事ができる。 B歯ぐきを合わせて噛み切る事ができる。

離乳食後期 カミカミ期の離乳食の量

 食べる量は個人差が大きいので、食べる量が少なくても体重が順調に増えていて赤ちゃんが元気なら問題ありません。作るときの目安程度として基本の量を覚えておきましょう。

 >>カミカミ期の離乳食後期レシピを見る

一回あたりの離乳食の目安
*T・U・Vを
それぞれ選び
Vはいずれか一つを選ぶ
ゴックン期
5〜6ヵ月頃
モグモグ期
7〜8ヶ月頃
カミカミ期
9〜11ヵ月頃
パクパク期
12ヵ月〜18ヶ月頃
なめらかにすり潰した状態 舌で潰せる固さ 歯ぐきで潰せる固さ 歯ぐきで噛める固さ
T 穀類 すりつぶすたり裏ごしした、
お粥・野菜・豆腐・白身魚を
1日スプーン一回からはじめ、
量を増やしていく。
食べるよりは
慣れることが目的。
栄養の摂取のメインは
母乳やミルク。
全かゆ
50〜80g
全かゆ
90g〜
軟飯80g
軟飯90g〜
普通のご飯(やわめ)
エネルギー源
U 野菜・果物 20〜30g 30〜40g 40〜50g
ビタミン・ミネラル
V 魚類(g) 10〜15g 15g 15〜20g
肉類(g) 10〜15g 15g 15〜20g
豆腐(g) 30〜40 45 50〜55
卵(個) 卵黄1個
全卵3/1個
全卵2/1個 全卵2/1〜
3/2個
乳製品(g) 50〜70g 80g 100g
タンパク質源

味付けの目安・カミカミ期に食べられる物

後期 カミカミ期の味付け(一食)
砂糖 3g
0.16〜0.3g
醤油 小さじ3/1
植物油 小さじ4/3
マーガリン 小さじ4/3

 濃い味付けは肝臓に負担がかかるため味付けはごくうす味が大切です。メニューの内の一品を薄味にするとメリハリがつき赤ちゃんの食欲が増します。一度試してみましょう。

離乳食後期 カミカミ期に食べられる物
エネルギー源 米、パン、そうめん、うどん、じゃがいも、さつまいも、バナナ、コーンフレーク(無糖)、オートミール、マカロニ、小麦粉
タンパク源 豆腐、白身魚、固ゆで卵の黄身、プレーンヨーグルト、カッテージチーズ、きな粉、鶏肉、レバー、赤身魚、納豆、プロセスチーズ、卵白(8ヶ月頃から)、青背魚、豚肉、牛肉、ホタテ貝柱
野菜・ビタミン、ミネラル源 ほうれん草、小松菜、キャベツ、白菜、レタス、ブロッコリー、カリフラワー、にんじん、大根、かぶ、かぼちゃ、トマト、りんご、いちご、みかん、桃、きのこ類、海草類、

 >>カミカミ期の離乳食後期レシピを見る

離乳食後期 カミカミ期の離乳食調理のポイント

 歯ぐきでつぶせるバナナくらいの固さに調理します。大きさははじめは5〜6ミリ角。慣れてきたら固さはかえずに7〜8ミリ角まで大きくしてみましょう。

ごはん

 このころから3倍量の水で炊いた軟飯が食べられるようになります。大人用にふつうに炊いたごはんに水をふり、電子レンジで加熱してもいいです。目安はごはん50gに対して水大さじ4〜5杯程度にします(ごはん1に水3)。

■軟飯のレシピ
 材料
米・ 1/2 カップ
水 ・ 1 カップ
 フタ付きの鍋に白米とそれぞれの分量の水を入れ、20〜30分ほどつけておく。
そのまま火にかけ、初めは鍋にフタをして強火で炊きます。
煮立ったら火を弱め、約20分コトコト煮る。
やわらかくなれば火を止めて15分蒸らす。
(1回の目安は80g。残りは冷ましてから1回量ずつに小分けして冷凍しましょう)

軟らかく茹でたうどんなら2センチ程度の長さにしましょう。

肉類

 >>カミカミ期の離乳食後期レシピを見る